ロシアの七不思議な場所-ロシア語会話 Julia

“ロシアの七不思議な場所”は、ロシアの遺産のベストを決定するために2008年に設定されました。投票は、SMS、インターネットを経由してロシアで実施された。その結果、最後の7つの場所は、本当に素晴らしい場所だった。世界的にもこのユニークな場所は、全国の誇りと呼ばれます。それぞれの奇跡について説明します。

 

バイカル湖-ユネスコに世界遺産と認められました。バイカル湖 は 東シベリア、地球上で最も深い湖で地殻起源の湖、新鮮な水の最大の自然の貯水池です。年間半分以上、湖は氷に閉められています。湖や沿岸地域の動植物は、ほとんどの種が固有種で、ユニークな生き物です。地元住民やロシアの人の多くは伝統的にバイカル湖を海と呼びます。バイカルは、ロシアの七不思議な場所中で第一番です。

 

カムチャッカの間欠泉谷-間欠泉の谷は – 最大の間欠泉フィールドです。カムチャッカの間欠泉谷は生物圏保護区に位置しています。約2平方キロの面積の地域に約20の大間欠泉や、多数なソースがあります。間欠泉はお湯(95℃)またはスチームの噴水を発する。ところで、きのう間欠泉の谷では一日で900地震が起こりました。

 

Mamaevクルガンとボルゴグラード市の”スターリングラードの戦いの英雄記念碑-壮大なアンサンブル”スターリングラードの戦いの英雄は、”勇気と武勇スターリングラードの擁護者を体現します。スターリングラードの戦いは第二次世界大戦において重要な役割を果たしてきました。この記念碑の主な建造物は、女性の大変大きい彫刻です。この52メートルの前にすすむ女性は彼女の息子を戦いに呼び出しています。 Mamaevの古墳は、すべてのロシア国民の聖地と呼ばれています。 Mamaevクルガンが”ロシアの七不思議な場所”の投票で上位3になっています。

 

 

ペテルゴフ宮殿公園-ペテルゴフは フィンランド湾の南岸に位置している宮殿公園のアンサンブルです。サンクトペテルブルクから29キロに位置しています。ペテルゴフがロシアの七不思議な場所と認められたことは疑問を持ちません。ロシアでも世界的にも、そのような場所はユニークですね。

 

モスクワの聖バジル大聖堂-聖バジル大聖堂は、ロシアの最も有名な観光名所の一つです。世界の多くの人々にとっては、モスクワのシンボルです。その上で多くの伝説や謎があります。今年聖バジルは設立後450周年となりました。大聖堂は、”ロシアの七不思議な場所”のファイナリストや勝者の一つである。

 

マン – ププ – ネルの台地上に風化の石柱-マン – ププ – ネルの台地上に風化の石柱はウラル山脈の顔となります。これは地面の上に突き出ている巨大な石の柱です。昔、柱はマンシ民族の文化的な物でした。地元住民(マンシ民族文化コミ民族、ロシア民族)はこの柱の起源についての多くの伝説を作成しました

 

コーカサス山脈のエルブルス山-昔は、エルブルス山は活火山だったが、現在、地球の巨大な死火山の一つと考えられます。エルブルス山の高さは5642メートルです。エリブルスは世界のもっとも高い山のひとつです。アジア山々の中でエルブルス山は最も高い火山です。

 

コメントをどうぞ